今スグ使える志望動機例文集

飲食・接客など面接時に役立つ志望動機の例文をご紹介いたします

09/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

志望動機は企業に重きを置いて

志望動機を考える際
あなたはどういう順序で内容を考えますか?

例えば
「xxの作業が好きだし、スキルもあるからこの企業に応募しよう」
「あの企業の○○が素晴らしいから応募して開発に携わりたい」

このふたつを見て、違いがあることに気づきましたか?

ひとつめは「自分が好きな作業」であり
ふたつめは「企業の作業に惹かれて」ということです

重きを置いてるのが自分か相手か、この違いは大きいです


この要素を踏まえて志望動機の考え方について考えてみましょう

「自分の好きな~」という理由で考え始めた場合
多くは自分のスキルのアピールになってしまい
最終的には自己PRと同じような内容となってします

これはあまりいただけませんし
企業も「我社じゃなくてもいいのではないか?」と
ある種の「がっかり感」を感じるのです


なので志望動機は「企業に魅力を感じて」という
前提で考えるべきだと言えます

その会社にしかない魅力を見つけることが大事です

それは企業案内やパンフレット、説明会などで
アピールされているはずですから
それを聞いて

「この会社で働きたい」

そう思える会社を選ぶことから始めましょう
スポンサーサイト

category: 志望動機についての考え方やコツ

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

見落とされがちの志望動機NGポイント

面接で志望動機を聞かれた時に
つい発してしまう言葉や
使ってしまう言い回しなどがありますね


それは時に
採用か不採用かを左右してしまうことがあります


今回はそういった事例をいくつかご紹介しましょう


「はい、それは…」


どこが悪いのだろうか?
そう思われるかもしれませんが
実は話し始める前の「はい」はマイナスポイントなんです

答える前に返事をする、
と教えられている方も多いと思われますが
面接官からすると、しゃべり始める前に「はい」と言われると
丸暗記の内容なのではないかと
勘ぐってしまう傾向にあるんですね

「はい」「いいえ」の返事を求めらているような
質問の時だけ返事をするように心がけましょう


「知人(もしくは恩師など第三者)にxxのスキルが高いと言われ、この業界に…」


これもまたマイナスイメージの強い言い回しです

人に勧められたから応募したのだろうか?
自分の意志ではないのか?
このような疑問と不信感をいただかせてしまいます

また、自主性がないとも捉えられてしまうので
こういった志望動機を使用するのはやめましょう


「先ほどと同じような内容になるのですが…」


グループ面接で見受けられる事例です

おそらく自分の志望動機と同じことを言われてしまい
取り繕ったつもりなのかもしれませんが
これは逆に穴を広げているようなもの

たとえ同じ内容でも
自分自身の言葉を使って喋れば
違うように聞こえます

また、前もってそうことわられてしまうと
「ああ、同じことを言うんだな」と
先入観が生まれてしまい、ますます同じように聞こえてしまいます
面接官によってはその時点で聞き流してしまうでしょう

category: 志望動機についての考え方やコツ

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

志望動機を作成する4つのコツ

志望動機を作成する際に、つまづいてしまう方は
意外と多いと思います。



今日はそんな人のために、どうすれば志望動機を
作ることができるようになるのかという話しを
させてもらいたいと思います。



志望動機を考える際に、4つのポイントがあります。



1入社後に自分が何をしたいのか


まずは、具体的に応募先の企業に入社することで
どんなことにチャレンジしてみたいのかを考えましょう。
ここでの説明は具体的に答えてください。
この段階で自分がどんな仕事をしたいのかと、
志望動機を繋げていれば、自分が仕事に対してど
んな風に考えているのかというアピールをすることにも繋がります。



2企業の求める力が自分に備わっていることをアピールする

企業としては、やはり欲しい人材というものがある程度決まっていると思います。
なので、しっかりと求められる人材になれるように対策を練るべきですね。
自分が入社することによりメリットが伝わるように考えてみましょう。



3企業理念などに共感していることを伝える

自分が企業のどんな面に魅力を感じているのか、
その企業がどのように理念を立てているのか、
そして共感しているということを述べるのがいいでしょうね。



4決意を述べる


最後は熱意です。
これまでにどれだけ立派な志望動機を作成していたとしても、
熱意の無い応募者を採用しようという風には考えないでしょう。



今回紹介したものは、あくまで参考です。

自分なりの志望動機がある場合は、
相手にきちんと伝わるのかどうか
ということを考えて作成しましょう。

category: 雑談

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

評価の良い志望動機と悪い志望動機

志望動機というものは、なんでもいい
というわけではありません


募した会社でなければいけない
ということを説明するものです。

芯となる部分は、その会社になぜ興味を
持ったのかということになります。




この芯がズレてしまっては、
評価の悪い志望動機となってしまうでしょう。

この評価の悪い志望動機には、
共通点があります。

それは、なぜ興味を持ったのかということが
伝わらないということです。

前置きが長く、結局志望動機を答えていない
という人が本当に多いのです。




面接官に志望動機を伝える際は、
なぜ興味を持ったのかということに
対してまっすぐ答えること、
そして、自分の事情や、世間話をしない
ということが大事なのです。




わかりやすく、これまで自分が行なってきたこととの
共通性のようなものを関連付けることで、説得力は増します。

さらに、即戦力として勤務することができるなどの、
自己PRと絡めることで、面接官の印象は
非常に良くなるでしょう。

category: 雑談

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

志望動機でしてはいけないこと

前回の「落ちる志望動機例文」の記事を
さらに詳しく、ポイントでまとめてみました。



1.抽象的な用語を頻繁に使う

これは、曖昧なカタカナの言葉を
多用している人に言えることですね。

なぜそう思うのかと言ったことをしっかり
具体的に志望動機に書くことが必要です。



2.誰にでも書ける個性の無い内容

志望動機のハウツー本の例文を
丸ごと抜き取ったかのような動機では、
個性が無いという風に思われても仕方がないでしょう。

なるべく、自分をアピールすることができるような
志望動機を書くように心がけてください。



3.情報が間違っている

そもそもの情報が間違っているというのは、
非常に致命的と言えます。

企業研究をおろそかにしているという風に
思われかねませんからね。

自分の話す内容や書く内容に誤りが無いか
というチェックは念入りにしましょう。



4.主観のみや、客観のみの視点でしか書けない

偏った話しをしていると、バランスが悪い
という印象になってしまいます。

両方の視点を適切に取り入れるようにしましょう。



5.自己中心的な内容

会社の成長ではなく、自分自身のことばかりを
志望動機に取り入れるのはあまり得策では無いでしょう。

企業が求めているのは、会社を成長させてくれる人材なのです。



6.論理的でない

ロジカルに物事を話すことができるというスキルは
ビジネスマンとしての最低限の能力だと言えます。

自分の志望動機にきちんと筋が通っているか
どうかチェックしてください。



以上、6つのポイントを紹介しましたが、
作成したご自身の志望動機と照らし合せて
チェックするようにしみましょう。

category: 雑談

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。