今スグ使える志望動機例文集

飲食・接客など面接時に役立つ志望動機の例文をご紹介いたします

09/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

落ちる志望動機例文

さて、今回まで様々な志望動機例文を投稿して参りました。
これらは採用を目指すものばかり。

では、逆に"やってはいけない落ちる志望動機"とは
一体どんなものになるでしょうか。
例文を書きながら解説を加えていきたいと思います。



①短い、もしくは短すぎる
例)今までの経験を活かし、御社で役立てたいです。
これだと熱意が伝わりません。


②近所にあったから。
例)いつも通る道にお店があったので応募しました。
ウチじゃなくてもいいんじゃないの?と思わせます。
確実にマイナスイメージが大きいですね。


③抽象的な文章
例)御社の独創的で将来性豊かな社風に魅力を感じ、志望致しました。
この文章の前後に具体的な文章をつけると良いでしょう。
ただ単にこれだけの文章ですと抽象的すぎて
面接官の印象に残る事は少ないでしょう。


④純粋に文章がばらばらor下手である。
例文を出さずとも、言わずもがな、ですね。
最低限の文章が書けないと
書類審査で落とされるのも目に見えています。




と、このほかにも悪い例はたくさんあります。
良い文章を見て参考にする事は大いに役立ちます。
が、こうした悪い例文もたくさんあります。
気付かないうちにそうした文章を書いていた。
そんな事にならないように気をつけたいですね。
スポンサーサイト

category: 落ちる志望動機例文

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

歯科助手への志望動機

歯科業界未経験の方の志望動機例文


秘書検定準1級取得のため、時間が限られる正規雇用より
ある程度自由が効く非正規雇用のアルバイトとして
居酒屋の接客担当員として3年間勤めて参りましたが、
その業務の中で人を救う事、特に医療に関わる職種を選択したいという思いが芽生え志望致しました。

接客業としての3年間の経験を活かしつつ、
未習得の知識や技術を貪欲に学習、吸収し、
業務に励みたいと意気込んでいます。

患者様が通来院しやすい歯科医院創りを目指し、
周りの方や先生方が働きやすいと感じられる、
そんな助手を目指したいと思っています。

category: 雑談

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

志望動機について考える:はじめに

志望動機例文を今まで100記事以上書きましたが
世の中のお仕事の数には到底及ぶものではないです。

その場合、参考資料がない状態で
志望動機文を作る事になってしまいますよね。

そんな場合のポイントを
このブログでもいくつか紹介してみようと思います。

志望動機という言葉は

「なぜこの企業に応募したのか?」

この部分が最も重要な要素です。


つまり、どれほど力作を書いたとしても
要点がまとまっていなかったり抽象的過ぎれば
志望動機としての評価は低いものとなります。

「何故その会社でなければならないか?」

このポイントをしっかりと意識して
作成剃る必要があります。


評価の高い志望動機、評価の低い志望動機。

この境目は一体何処にあるのか?
志望動機というのは、数学のように答えが必ずあると言うものではありません。

そのため、自分が作成した志望動機を
企業や面接官がどう受け取るかというのは正直分からないことです。

ですが、対策をすることは可能です。

志望動機で高評価を狙うために。
志望動機を低く評価されないために。

こういったポイントについて
何記事かに分けて書き進めようと思います。



category: 志望動機についての考え方やコツ

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。