今スグ使える志望動機例文集

飲食・接客など面接時に役立つ志望動機の例文をご紹介いたします

10/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

志望動機を作成する4つのコツ

志望動機を作成する際に、つまづいてしまう方は
意外と多いと思います。



今日はそんな人のために、どうすれば志望動機を
作ることができるようになるのかという話しを
させてもらいたいと思います。



志望動機を考える際に、4つのポイントがあります。



1入社後に自分が何をしたいのか


まずは、具体的に応募先の企業に入社することで
どんなことにチャレンジしてみたいのかを考えましょう。
ここでの説明は具体的に答えてください。
この段階で自分がどんな仕事をしたいのかと、
志望動機を繋げていれば、自分が仕事に対してど
んな風に考えているのかというアピールをすることにも繋がります。



2企業の求める力が自分に備わっていることをアピールする

企業としては、やはり欲しい人材というものがある程度決まっていると思います。
なので、しっかりと求められる人材になれるように対策を練るべきですね。
自分が入社することによりメリットが伝わるように考えてみましょう。



3企業理念などに共感していることを伝える

自分が企業のどんな面に魅力を感じているのか、
その企業がどのように理念を立てているのか、
そして共感しているということを述べるのがいいでしょうね。



4決意を述べる


最後は熱意です。
これまでにどれだけ立派な志望動機を作成していたとしても、
熱意の無い応募者を採用しようという風には考えないでしょう。



今回紹介したものは、あくまで参考です。

自分なりの志望動機がある場合は、
相手にきちんと伝わるのかどうか
ということを考えて作成しましょう。
関連記事

category: 雑談

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。